2013年04月12日

2日目も、雪のち晴れ!

DSC_0051.JPG

この森と出逢った頃は、おひさまの光が地面まで届かないほど
植林された木々たちが密集し、真っ暗な森でした。
自分たちでどこまでできるのかな??
最初はそんな気持ちの方が強かったかもしれません。

けれど。

毎年少しずつですが、
エコラ倶楽部の活動に参加してくださる方が増え、
その度に、この場所に未来を想像できるようになりました◎

日本に暮らす私たち。
やっぱり、もっと日本の森のことを勉強するべきです。

向き合うと見えてくるもの。
そこで感じたことを、実践していく力が私たちには備わっているはず。

森林整備は、とっても単純な作業ばかり。
でも、そのひとつひとつが未来をつくっていると感じます。

DSC_0002.JPG

慣れない山仕事。
ケガをしないように準備体操は念入りに!

DSC_0008.JPG

間伐した木は、玉切りして薪のストックヤードへ。
GWには、薪割り大会が待っています♪♪

DSC_0014.JPG

普段は、設計士さんです。【1】

DSC_0021.JPG

普段は、設計士さんです。【2】

DSC_0018.JPG

普段は、材木屋さんです。

DSC_0036.JPG

普段は、薪ストーブ屋さんです。

DSC_0035.JPG

エコラ倶楽部の理事です。

DSC_0039.JPG

エコラの森がまだ真っ暗だった頃からの会員さん。

DSC_0027.JPG

群馬から駆けつけてくれた会員さん。

DSC_0023.JPG

森と人とのかかわり。
エコラ倶楽部は、整備だけでなくそんな提案もしていけたらと思っています♪♪


明日もがんばるぞー!


たかはし@長野
posted by エコラ便り at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エコラ便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64896071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック